アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

国宝目白押し!女人高野 室生寺で森林浴  

Murouji000.jpg

奈良県宇陀市にある室生寺に行ってきました。
大阪上本町駅から近鉄大阪線で1時間、三重県との県境にほど近い室生口大野駅で下車したら、なんだか中学時代の高原学校を思い出しました。緑が濃くて空気がきれい!そこからバスで15分、室生川沿いのバス停で降りると山は目の前。昔ながらのお土産屋さんがポツポツと立ち並ぶ通りを歩いていくと、左手に朱色の太鼓橋が見えてきます。

Murouji274.jpg

奈良時代の末期、のちの桓武天皇の病気平癒祈願が興福寺の高僧によって行われ、効果があったことから勅命により創建された室生寺。真言宗の聖地 高野山がかつて女人禁制だった頃、女性にも門戸が開かれていたこの寺は女人高野としても尊崇を集めてきました・・・ とさらっと説明すれば、ふーんで終わりそうですが、電車もバスもない時代に女性の脚でここまで?実際に自分で来てみたから感じることですが、これは相当困難で危険な道のりだったはず。うぅ、恐ろしい・・・

Murouji283.jpg
9世紀後半建造の金堂(国宝)

『山川 詳説日本史図録』には、平安時代の弘仁・貞観文化として室生寺の国宝建築や仏像の写真がふんだんに使われた、まるで広告のようなページがあり、旅行ガイドより詳細かつ質の高い情報がぎっしり。応仁の乱の火の手もさすがにここまでは及ばなかったから、平安時代の建築や仏像が奇跡的に残されているのです。こちらの金堂も、鎌倉、江戸時代と手が加えられながらも、シンプルな構造でものすごい風格。

Murouji337.jpg
金堂内部の国宝仏たち


参道の食堂に貼ってあった近鉄のポスターです・・・
簡素な金堂の内部に国宝仏が並ぶさまは壮観!のひと言。実際はお堂のなかには入れないので、こんなに近づいて観ることはできません。だんだん暗さに目が慣れてくると、平安前期につくられた一木造の仏像がまるで意志を持ってそこに立っているように感じます。2mを超えるご本尊の釈迦如来はゆったりと珍しい漣波式衣文をまとい、十一面観音立像は華やかな瓔珞(装身具)を身につけています。遠目からでもわかる洗練された彫刻の技に思わずため息。流れるような曲線のなんと美しいこと!

お顔はどちらも和風ですが、板地の光背に施された鮮やかな色彩やデザインがどことなく大陸めいて、空海が唐から真言宗を持ち帰った頃の空気をほんの少しだけかいだ気がしました。1000年以上の時を経て、人々の祈りは、祈りの対象物を本物の仏にしたのでしょう。豪華な厨子がなくともこれだけ神々しくあれることに驚きすら感じます。身じろぎしない仏像の前で軽やかにポーズを決める十二神将も必見。静と動の絶妙なコンビネーションになにやら自由な気分にさせられました。

Murouji300.jpg

そして、またも山登り!
室生山のふもとから中腹へむかって弥勒堂、金堂、本堂と少しずつのぼりながら参詣をしていく山岳寺院のスタイルで、五重塔から奥の院へは修行にちょうどいい感じの石段が延々と続きます。はぁはぁしていると杉とヒノキのい~香りがアロマテラピーのように全身に作用して、気持ちよくゴールに到着。木立の間からすばらしい眺めを楽しむことができました。

関西に住むまでは、仏像めぐりとかお遍路さんに、失礼ながら枯れた印象を抱いていましたが、まったくの間違いでした。実はものすごく体育会系。すれ違う人たちもとってもアクティブ!一時期、山ガールが流行りましたが、これからは寺ガールの時代かもしれません。カッコいいウェアを着てグループでのぼっている人たちも多くいて、関西の休日の豊かさを心から羨ましく思います。あと1年くらい転勤が延長になれば最高なんですけどね^^

Murouji347.jpg

帰りは名物よもぎ餅を食べながら。
保存料など添加物を一切使わない自然の素朴な味でした。




室生寺
室生寺
posted with amastep
クレヴィス(2015-02-06)
Amazon.co.jpで詳細情報を見る



スポンサーサイト

category: 奈良

thread:  - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://photolover555.blog.fc2.com/tb.php/691-090499b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)