アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

大阪市立美術館 ‟木×仏像 飛鳥仏から円空へ”  

kitobutsuzou.jpg

奈良国立博物館で開催中の『快慶展』につづいて、木から彫り出された木彫仏の展覧会に行ってきました。快慶展の半券提示で提携割引もアリ。飛鳥時代から江戸時代の円空仏まで、奥行ある仏像の世界を堪能することができました。

彫られた木の種類にも着目して選ばれた仏像たちは、クスノキやヒノキなどさまざまで、いかに日本が古代より森林資源に恵まれた国であるかを実感します。

木材というのは年数が経過すると乾燥によって収縮し、ひび割れが生じるもので、それを防ぐために仏像の中心を空洞にする『内刳り(うちぐり)』などの技法を駆使するわけですが、それでも1300年以上前につくられた木像が原型をとどめているなんて、日本の湿潤な気候がもたらした奇跡といえるでしょう。

フランスの大聖堂や教会、意匠を凝らした彫刻がさまざまな種類の石でできていて、それぞれに異なる色や手触りが個性を形づくっていたことをふと思い出しました。

今回の展覧会では、奈良 東大寺から国宝の弥勒如来坐像《試みの大仏》が出陳。ポスターでぎょっとさせられた‟顔のなかから顔!”の宝誌和尚(ほうしおしょう)立像、そして美術館からほど近い四天王寺所蔵の千手観音・二天像箱仏は小型のフィギュアのような可愛さで目が釘づけに。

普段、お寺では薄暗い環境のもとで仏さまに手を合わせることが多いので、スポットライトを浴びて細部までじっくり観察できるこのような機会はとても貴重。観音さまの頭上に乗っている小さな仏面の表情の違いや、なかなか目にすることができない後ろ姿など不躾なくらいあらゆる角度から鑑賞させていただいて大満足です。

ちょっと意外だったのが、30~40代男性の姿が多かったこと。不安だらけの世の中で疲れを癒しているのかと思いきや、純粋に時代を超えた芸術に没頭している雰囲気でほっとしました・・^^ 宗教の枠を超えて仏像に魅せられている人は、年齢を問わず増えてきているのかもしれませんね。




スポンサーサイト

category: 大阪

thread: アート - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://photolover555.blog.fc2.com/tb.php/689-4e25610d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)