アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

伏見稲荷大社で朱色のトンネルを歩く  

Fushimiinari043.jpg
まるで、現代アートのインスタレーション!

英語版ガイドブック “Lonely Planet Kyoto” のKyoto's Top10 首位を獲得した伏見稲荷大社に行ってきました。京都の観光地のなかでも外国からのお客様率高し!毎週水曜夜10時にNHKで放送している“歴史秘話ヒストリア” 、先週の回でいろいろ勉強できたので、実際に足を運んでより理解を深めることができました。

Fushimiinari0603.jpg

千本鳥居と呼ばれるだけあって朱色のトンネルは延々と稲荷山の上まで続きます。実際は800基ほどだそうですが、ちょっとした登山といってもいい階段に皆はぁはぁ。写真は四ツ辻からの眺めです。もう半袖で汗だく!

Fushimiinari0618.jpg


お稲荷さんといえば、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全とオールマイティで親しみやすい神様ですが、今日の目的は八合目にある “眼力社”。めぢから、じゃ美容の神様みたいですが、そうではなくて “がんりきしゃ”。眼病平癒の神様です。この空飛ぶきつねをなでると目の病気が治るといわれているんですって。転じて「ものごとの本質を見抜く力」も授かることができるそう。

Fushimiinari0624.jpg

ほかにも病気平癒の“薬力社”や咳を鎮める“おせき社”などのお社も点在しています。いつの時代も健康を願う人々の想いは一緒。私も目の健康を守るためパソコンに向かう時間を減らすべくブログもシンプルな形にシフトしていく方向です。



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
応援のクリック、ありがとうございます♪




スポンサーサイト

category: 京都

thread: アート - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://photolover555.blog.fc2.com/tb.php/594-f411eb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)