アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

有章院霊廟二天門 / 港区芝公園  

今日は、桜の花びら舞い散るなか、東京プリンスホテル内 “ル・パン・コティディアン (Le Pain Quotidien)” でランチ。
ちょっと歩いただけで汗ばむような、初夏のような陽気です。
こうして確実に季節が移ろうことを、今年はとても心強く感じます。
時が過ぎていくこと ・・・切なくて残酷だけれど、同時に、最大の救いでもあると思うから。

tokugawa.jpg

有章院霊廟二天門 (ゆうしょういんれいびょうにてんもん) は、東京プリンスホテルの敷地内、日比谷通り沿いにまるで忘れ去られたようにひっそりと建っています。数ある徳川家霊廟のひとつで、有章院とは、7代将軍徳川家継 (いえつぐ) のこと。門だけでこれだけ壮麗なのですから、戦災で焼失した霊廟とはどれだけの規模と豪華さだったことでしょう。
上野の寛永寺、芝の増上寺と、焼け残った徳川霊廟めぐりも面白いかもしれませんね。
それにしても、こんな価値のある建造物が、風雨に晒されて打ち捨てられているとは・・

hayunoyuki.jpg

春の雪、桜の雪。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
応援のクリック、ありがとうございます♪

スポンサーサイト

category: 東京

thread: 東京 - janre: 地域情報

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret