アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

植物のある暮らし  

Gardening008.jpg


パリにも夏らしい夏がやって来ました。ただいまの気温30℃。
日本の暑さもほんとうに大変そうですが、パリの一般家庭にはエアコンも網戸もないので、蚊取線香にうちわという布陣でなんとか乗り切らねばなりません。外出するにも日傘をさしている人はおろか帽子をかぶっている人もいないので、日本とは違った意味でツラいものがあったりします・・

さて今日は、先月東京に帰任された方からお譲りいただいた元気いっぱいのポトスを株分けしてみました。わが家のリビングは日当たりがよすぎて、ほとんど温室状態。どんどん新しい芽がでてくるわ、根も鉢からとび出ているわで、近々ひとまわり大きな鉢に植替えようと思います。株分けの方は、まずは水差しにして、ひと月程度で根が伸びてきたら鉢上げの予定です。
うまくいくといいけれど。


garden.jpg


こちらは実家の庭なんですが、私の母は花でもなんでも上手に育ててしまう人で植物園のようになっています。ひとり暮らしをするまで、茗荷(みょうが)は庭で栽培するものだと思っていたくらいです^^なので、最近どうにも茗荷が食べたいのに、パリで買うとなると日本円で1,000円以上するので、実家でぼんぼん育っていた茗荷が妙に懐かしい。といって、ここで栽培するのはほぼ不可能でしょうけれど。


Garden000.jpg


ついでに母の手料理も。
お客様をお招きするときに、無意識に参考にしてます。お皿に敷いてある葉っぱも自家製^^身も心も日本製の私は、どうしてもこういう組合せから離れられません・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
ブログランキング参加中!応援のクリック、ありがとうございます♪


台所のおと (講談社文庫)台所のおと (講談社文庫)
幸田 文

講談社 1995-08-02

◆◆ Amazonで詳しく見る


スポンサーサイト

category: └ パリ

thread: **暮らしを楽しむ** - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://photolover555.blog.fc2.com/tb.php/364-27343c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)