アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館 / クレマチスの丘  

せっかくのゴールデン・ウィークに出勤している夫をよそにひとり静岡へ。
あんなにたくさん撮った写真は手違いで消してしまったので、風に揺れるクレマチスを記憶に刻み込むように思い出しています。いろいろ書きたいのですが、今日はメモで。

ファブリス・イベール展 富士山のふもとで、たねを育てる
CLEMATIS-no-OKA001.jpg
ペインティングのための習作 No.26より 2008

(前略)「たねを育てる」という言葉は、植物そのものの成長だけではなく、思考が生まれ、それを育むことを意味します。ファブリス・イベールはまた、芸術作品と農業には似通った点があるといいます。それは、精神も植物も毎日水をやり、栄養を与え、育んでいく必要があるからです。(後略)

CLEMATIS-no-OKA000.jpg
Fabrice Hyber

クレマチスの丘
ヴァンジ彫刻庭園美術館
静岡県駿東郡長泉町クレマチスの丘347-1

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
応援のクリック、ありがとうございます♪
スポンサーサイト

category: 静岡

thread: アート - janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: 0