アートをめぐる旅

パリ・ワシントンDCで暮らした共働きの転勤族が、歴史・文化・芸術・自然をめぐる旅をしています。

アートをめぐるベルギー・ブリュッセルの旅  

Bruxelles000.jpg
ブリュッセル南駅 Bruxelles Gare du Midi

週末を利用してベルギーブリュッセルに行ってきました。
パリ北駅から高速鉄道THALYS(タリス)で1時間25分。2週間程度前もってチケットを購入すればなんと片道50€!300kmの道のりを車で4時間かけて行くことを考えれば、時間的にも体力的にも断然お得。ヨーロッパの移動代ってほんとうにリーズナブルです。

Musee-Royaux-des-Beaux-Arts.jpg
ベルギー王立美術館 Musées royaux des Belgique

今回の目的は、世界遺産グラン・プラスとベルギー王立美術館が誇るピーテル・ブリューゲル(父)の作品鑑賞。実はこのブリューゲル、親子3代にわたって同じ名前で画家として大成しているので紛らわしいのですが、父ブリューゲルの作品は世界に40数点しかありません。王立美術館所蔵の2世、3世の多くの作品とともに、16世紀フランドルの庶民の日常を描いた味わい深い父の作品を堪能してきました。

幸運にもマルク・シャガールの回顧展も開催中。パリオペラ座の天井画デッサンなどうれしい出会いもありました。そして、ベルギー出身のシュールレアリスム画家ルネ・マグリットのマグリット美術館も訪問。予想外の人気と充実ぶりにあらたな収穫がいっぱいの旅に。

Bruxelles002.jpg
世界遺産グラン・プラス

それぞれに書きたいことがてんこ盛りですが、今はどう考えても時間が足りない!ということで、帰国後落ち着いてから改めて。しばらくはこのブログもダイジェスト版になりそうですね。というか備忘録、はたまたメモか^^

GODIVA.jpg
Bruxelles001.jpg

さすがはチョコレート王国ベルギー!
ノイハウス、ゴディバ、ピエール・マルコリーニ、ヴィタメールと魅力的なショコラティエがそこここに。刺激物が得意でない私はもっぱら撮るのみでしたが、目だけでも存分に楽しめる芸術品でした。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
応援のクリック、ありがとうございます♪
スポンサーサイト

category: ベルギー

thread: アート - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0